友達の看護師は派手

友達の看護師は看護学生の頃から男関係は派手でした。看護学校の先生には看護師、医者、大学の先生などが来られます。

中には若いイケメンの先生もいます、そんな先生にはロックオンし、プライベートでも会う様にしていました。
始めは大学などの窓口を経由して会うのですが、次には個人的な連絡先を聞いて完全にプライベートで会っていました。
それ程美人でも有りませんでしたが、上手に転がし先生としての担当が外れたらセックスをして男女の関係になっていました。

その後彼女は看護師になりオペ室配属となりますた。
オペ室では他の科よりもドクターとの関係が濃くなります。数十人いる看護師の一人ではなく、新卒二人の一人として見られます。

また、マスクで目以外を覆われていることもあるので、大体の人は美人に見えます。
その技を上手に利用していました。

オペ室勤務のドクターではレジデントから整形の先生まで満遍なく手を出していました。
初めに付き合ったのは泌尿器科の先生でした。既婚の先生からアピールされて不倫の関係を始めました。その間も他の会社の同年代の人と付き合っていました。

不倫に未来なんてない、が口癖でした。沢山色んな所でご馳走になりカバンやアクセサリー、服等を買ってもらい別れました。別れたのは新しく目星いドクターが現れたからです。
赴任してきた新しい整形の先生はバツイチの方で年齢も離れていました。それでも積極的にアピールして付き合う様になりました。

仕事の後はほぼその先生の家で過ごし時間になれば先生の家から出勤していました。そのまま結婚するのかな?と思っていましたが先生が誰であろうとも再婚する気は無いと知りショックを受けていました。それでもしばらくは付き合っていました。

レジデントで若い先生が来た時には、好みの方がいたので直ぐに整形の先生とは別れレジデントからのアピールに転じていました。

その先生は病棟からも人気があったので彼女が付き合った時には陰口を散々叩かれていました。
ドクターと結婚したあのかな?と思っていましたが最終的には高校の同級生と、結婚していました。
派手ですが、モテて羨ましい一面もありました。

 

 

 

まぁ看護師でもないわたしはうらやましがるだけだった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です