レスから新婚みたいになれた夫婦

ネットをみてたらこんな人がいた。
大体の流れを書くとこんな感じ…。

#####ここから

学生時代に出会い、3年間付き合って結婚へ至りました。彼氏彼女だった頃は、若さもあるのか会えばしていましたし、1日に何度かすることも多々ありました。卒業してからは、遠距離でした。その当時も、会えばホテルでしており、大事なコミュニケーションのひとつでした。

結婚してからも、ほぼ毎日でした。夫の仕事は忙しく、早朝深夜で激務でした。私は家事をして、お弁当を作り、終電で帰宅してくる夫を待っていました。そして、結婚後一年で赤ちゃんを授かりました。産後は、夜の夫婦の営みは回数が減りました。週に2度ほどでした。でも、その頃はお互いに大きな不満やすれ違いはなかったです。
変化が現れたのは、ある転勤がきっかけです。

元々転勤族で、何度か引越しはしていました。ある転勤先での職場は、今まで以上に激務でした。また、子供も自我が芽生え、とても手がかかる年齢でした。

私は子供のことはすべてやり、夫の身の回りのことも完璧にこなしました。相変わらず夫の帰りは深夜でしたが、起きて待っていました。起きて待っているところまでは頑張ることができても、夫婦の営みまでは余力がありませんでした。

24時間母親でいる私と、24時間男である夫とは、温度差ができ始めていきました。夫のことは、愛していました。それでも、私が欲していたのは営みではありません。ただ話したい、話を聞いてほしかったのです。それも叶わず営みをしようとする夫に、呆れながらも応じていました。
そして、ある日、まさかですが夫の浮気が発覚したのです。それ以降、レスになりました。当初は触れられるのも嫌でした。

あれから2年経った今、週1ほどになりました。理由はいくつかあります。
まず、浮気のことに関して、夫が猛省しました。家事育児も一切やらなかったんですが、発覚後はお皿洗いや掃除機、お風呂洗いも積極的にやっています。休日も以前は寝てばかりだったのが、子供の相手をちゃんとするようになりました。

あとは、改めて自分たち「夫婦」を見つめ直し、話し合いました。それまで、お互いに思っていたことをすべてぶつけ合いました。それで分かったのは「口に出さなければ、何も伝わっていない」ということです。夫婦となれば「口にしなくても分かっている」と勝手に思い込んでしまいます。本当に些細なことでも口にしたり、お礼を言うなら女優になったつもりで、大げさにするくらいがちょうど良いのです。

そうして、お互いの距離を少しずつ縮めていきました。たまには親族に預けて、ランチにも行きます。営みもコミュニケーションですが、それ以外のところでもコミュニケーションを取るようにしています。このまま、さらに縮めて行けたらいいなと思っています。

#####ここまで

こんな関係羨ましいな。うちもこんな風にならないかしら…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です